特別地域における外国の大学を大臣が許可

タイは、プラユット・チャンオチャ首相が率いる内閣と軍事政権によって先週承認された計画のもと、外国の大学が特別経済区域で活動することを可能にする新たな法令を国家平和秩序評議会において制定する予定です。

「法律はこれを認めておらず、(外国の大学にとって)非常に厳しいものとなっています。私の政策として、外交大臣に憲法第44条に基づいて規制から免除して外国の大学の設立を許可するよう求めています。おそらく今週中に署名されるでしょう。」とタイのティーラキアト・ジャレオンセッタシン教育相は、水曜日にUniversity World Newsに語りました。

「既に同意されています。第44条の下では、非常に単純な判決になるでしょう。関心のある方々はぜひ来てください、通常のルールから免除されるでしょう。」 憲法第44条は、軍事政権に絶対的な権利を与えます。

報告書によると、暫定憲章第44条に基づく軍事政権規則では、関心のある国や機関との協議が始まる前に、官報に公表されなければなりません。

ティーラキアト氏によると、英国議会のGoing Global 2017会議では、日本、米国、英国などが関心を示しているとのことです。

これが、大学が長期計画を立てるための安定性を提供するでしょう。「第44条は残るでしょう。今後の政権は、これを憲法の一部であるために取り消すことができません。」と彼は語りました。

外国の大学支部の認可は、昨年のタイ内閣で承認され、ラヨン、チョンブリ、チャチョンサオの3つの東部の州を含むEEC(Eastern Economic Corridor)に設立を希望する人々から始まります。この計画の下で、EECは、新たなイノベーション主導の経済モデルである「タイ4.0」と呼ばれる計画の下、特に医療、スマート・エレクトロニクス、農業およびバイオテクノロジー、航空、バイオ燃料、およびデジタル・サービスなどの産業に、直接的に今後5年間で430億ドルの外国投資を期待しています。

スキルのギャップ

EECはすでに、外国投資の煩雑なルールを単純化や免除をしており、 産業に税控除を設けています。外国の大学は、これらの産業が拡大するにつれて生まれるスキルのギャップを埋めるために不可欠です。

海外の大学が「MBAの部門のようにタイ人ができる、普通の学部を開設したいだけなら、我々の目的には合致しないので、許可しません。私たちは自国ができない科学技術を提供する大学に焦点を当てています。特定の職業スキルに焦点を当てた機関であっても、来ることができます。」とティーラキアト氏は述べました。

教育相が議長を務める委員会がどの機関とプログラムが受け入れられるかを決定します。「彼らが興味を持ったら、私たちは彼らを招待し、提案を見ますが、遅れたくはありません。

同委員会は「国際基準」となる品質管理体制を構築する予定です。

特別経済区における他国機関の大学設立を許可

タイは、スキル不足に取り組むために、外国機関が特別経済区に大学を設立することを許可する予定です。


(経済特区新設が予定されているメーソート県)

この計画は、内閣と国家平和秩序評議会(NCPO)のジョイントミーティングにおいて許可が降りている。

計画を実施するために、暫定憲法第44条の下でNCPO長官としてプラユット・チャンオチャ首相が権限を行使する必要があると、ササン・ケウカマネルド政府広報官は述べました。

ティーラキアト・ジャレオンセッタシン教育相によると、計画はいくつかの規則の免除を必要としているので、第44条が解決策です。

「高等教育委員会の通常の規則を遵守すれば、そのような大学が始動するには時間がかかりすぎるでしょう。長い間待っていれば、タイは新しい時代のために必要な人的資源を産みだすことができないかもしれません。」とティーラキアト氏は言います。

同氏は、タイでは、まだ大学でロボット工学と電車のプログラムが不足していると指摘しました。

「しかし、タイランド4.0を達成することに目を向けています。」と述べた。

ササン氏によると、外国の教育機関は、タイでは利用できないコースを、主に特別経済地域のタイの学生に提供することが許可されます。また、タイの規制を遵守し、すべての大学レベルのコースの基準を満たす必要があります。

内閣はまた、外国機関がタイで職業訓練プログラムを提供することを望んでいました。しかし、タイの専門学校との競争を防ぐためには、より厳しい要件が満たされなければなりません。