私のためにタイの祝日カレンダー2018年をまとめます。

タイの日本語学校に就職してから1年半以上が経ち、慣れてきたこともあって校長先生からカリキュラム作成の依頼をされるようになってきました。これで一人前の日本語教師だと勝手に胸熱になっています。

いざカリキュラムを作成するにあたって色々と面倒なことがあります。それは東南アジアの中でも、日本と比べても多いとされる祝日です。そこで2018年のタイの祝日について簡単に記事してみようと思いました。

タイは仏暦を採用していますが、国際色豊かなせいか、1月1日はインターナショナルニューイヤーデーがちゃんと祝日としてあります。(大晦日も祝日です)
そしてタイ人が一番働くかどうかはわからないですが、タイの中で休みが全然ない時期があります。1月1日のニューイヤーズデーから3月1日まで丸2ヶ月祝日がありません。3月1日はマカブーチャと呼ばれる仏教の祝日ですので飲酒が禁じられています。マカブーチャが終わると、タイは年末へ向けて駆け足になります。
1782年ラーマ1世がチャクリー王朝を作りバンコクに首都をおいたことを記念した4月6日のチャクリー王朝記念日になると、タイ人は年末モードに入り授業があっても誰も聞こうとしません。中には学校に来ない生徒もいます。翌週にソンクラーン(タイのお正月)が始まります。ソンクラーンといえば水かけ祭りが有名です。私たちの学校は、日本人先生の多くが日本に帰ることや1年間のクラスが5月から始まるおかげで、約2週間の休みがあります。私は水掛け祭りを楽しんでから日本に3日だけ帰り、そのあとは友人とシンガポールで過ごす予定です。
5月1日はレイバーデーと呼ばれる労働者の休日で、日本のメーデーに当たります。5月2日から新カリキュラムが始まるので5月1日は先生方は学校に来ていることが多いです。私も準備のためにそうなると思います。
5月29日はヴィサカブーチャと呼ばれ、釈迦が誕生し、悟りを開き、入滅した日とされる日でマカブーチャ同様に酒類の販売が禁止されています。
祝日の渋滞が起こる7月下旬、7月27日 アサラハブーチャ(三宝節)、7月28日 カオパンサー(入安居)、7月28日 ワチラーロンコーン国王陛下誕生日です。7月28日にはまさかの祝日が2つあると言う事態が起こっています。ただ祝日が2つ被るからといって休みがもう1日増えるわけではありません。ただ2018年は暦上7月28日が土曜日にくるため7月30日が振替休日となっています。
8月のお盆シーズンにはシリキット王妃の誕生日が8月12日にあり、これが日曜日なので月曜日が振替となっています。
9月は祝日がなく、10月になると2016年10月13日に前国王であるラーマ9世が没したのですが、それを弔う日として去年から10月13日がラーマ9世記念日となりました。それから10日後の10月23日はチュラロンコン大王の命日にあたり記念日とされています。
このチュラロンコン大王にナレスアン大王とラムカムヘン大王を加えてを三大大王がと呼ばれています。特にチュラロンコン大王はタイの近代史を語る上に最重要な人になっています。
12月5日は前国王の生誕日が祝日となっています。
日本人の人には「何で前国王の生誕日が祝日なの?」と疑問に思った人がいるかと思いますが、日本も前天皇の生誕日が祝日になっているんです。このことは日本人でも知っている人が少ないようです。(たまたま20代の同僚の先生が授業を聞いており、驚いていました。)
先日の12月7日の授業中に今年から12月5日はラーマ9世誕生日じゃなくて生誕日となっていることについて説明した時に、日本では前天皇の誕生日を生誕日として残すのではなく別の名称で祝日になっていることを話しました。
ちなみに、昭和天皇の誕生日(4月29日)は、昭和の日(私が学生の時はみどりの日でした)となっています。明治天皇の誕生日(11月3日)は、文化の日となっています。ただ側室を取らなかった天皇として有名な大正天皇は在位期間が短かかったせいか誕生日(8月31日)は祝日になっていません。
前回の記事でも書いた12月10日は憲法記念日となっています。
最後に大晦日でタイの祝日は終わります。

2018年の祝日
1月1日(月) 新暦新年
3月1日(木) マカブーチャ(万仏節)
4月6日(金) チャクリー王朝記念日
4月13日(金)〜15日(日) ソンクラーン
4月16日(月)〜4月17日(火) ソンクラーン 振替休日
5月1日(火) レイバーデー
5月29日(火) ヴィサカブーチャ(仏誕節)
7月27日(金) アサラハブーチャ(三宝節)
7月28日(土) ワチラーロンコーン国王陛下誕生日、カオパンサー(入安居)
7月30日(月) ワチラーロンコーン国王陛下誕生日 振替休日
8月12日(日) シリキット王妃誕生日
8月13日(月) シリキット王妃誕生日 振替休日
10月13日(土) ラーマ9世記念日
10月15日(月) ラーマ9世記念日 振替休日
10月23日(火) チュラロンコン大王記念日
12月5日(水) ラーマ9世生誕日
12月10日(月) 憲法記念日
12月31日(月) 大晦日

 

グローバルな人材育成の為に政府が衛生キャンパスを特別経済地区に急設

教育省によると、アイビーリーグの大学は、タイの特別経済地区(SEZ)に衛星キャンパスを建設することに関心を示しています。

月曜日、ティーラキアト・ジャレオンセッタシン教育相は、高等教育の外国機関が国境に沿った10か所のSEZで活動することを許可するとした政府の最近の発表に続いて、そう発言をしました。

現在の候補の中には、ハーバード大学、カーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学、英国の有力大学、日本のいくつかのトップ大学などが挙げられていると付け加えました。

ティーラキアト博士によると、タイの多くの大学には、ロボット工学や電気工学などの科学技術分野の十分な訓練を受けた卒業生を輩出するための資材と人材がまだ不足しています。

イノベーションとテクノロジーを支柱とする最新の経済モデルである「タイ4.0」へのアップグレードに不可欠な分野で、世界をリードする大学による教育支援のサポートを必要としているのです。

政府は、新憲章に盛り込まれた暫定憲章第44条の下で、広範な権限を利用して規則を軟化させ、海外からの高等教育機関のタイでの活動を許可するよう、プラユット・チャンオチャ主相に要請するでしょうと、ティーラキアト博士は語りました。

同氏によると、熟練労働者への需要が高い国境沿いの10の経済特区でのみ許可されるようです。

「タイで成功するスキルを労働力が備える必要があり、外国の大学がギャップを埋めることを助けることができます」と同氏は付け加えました。

タイの日系企業は長年にわたってロボット工学と電気工学の高度な技能を持つ労働者の不足に直面しています。そのため、進んだ日本の学校が設立されれば、日本人留学生との交流から日本の知識だけでなく、技術的に卓越した人材の育成、日本人やタイ人にかかわらずグローバル人材の育成するという新しい試みも可能になります。


タイなどのアジア専門の転職情報サイトはブリッジ
タイの日系企業で働く人材求人はキャリアリンクタイ

「数年来、多くの外国の大学は、タイが国際教育拠点としての役割を果たす可能性があると考え、タイに分校を開校したいと考えていました。しかし、高等教育委員会の現行の規制の下では、外国の大学はタイで共同経営者を必要になっており、外国の投資家はそれを負担とみていました。そのため我々はルールを緩和しているのです。」ティーラキアト博士は述べました。

「彼らは間違いなくこのチャンスをつかんでくれるでしょう。」

タイから日本に一時帰国して日本語教師の資格を取りました。

退職願を提出してからは、タイやベトナムなど東南アジア各国での引き継ぎ業務は合計4ヶ月弱に及んでしまいました。ようやくタイから日本へ一時帰国しましたが、思っていた以上に引き継ぎ業務がかかってしまい、日本語教師転職への道に暗雲が立ち込めてしまいました。
それはタイで働く予定(2016年5月より)の日本語学校の校長先生から、就職の条件の1つとして日本語教師養成420時間講座修了を掲げられたからです。この日本語教師養成420時間講座というのは、半年から1年かけて講座を受講するのが一般的だからです。
遅くても4月には帰国出来ると思っていたのが、実際に帰れたのは6月中旬でした。そこから短期間で受講出来る講座を探し、受講することが出来ました。
実は半年コースであれば就職開始予定に十分間に合うのですが、急いでいた理由は他にありました。それは毎年10月に行われるJEESの日本語教育能力検定試験の合格を目指していたからです。

この記事を読んでくれている人は、日本語教師を目指している人もいると思うので簡単に日本語教師養成420時間講座と日本語教育能力試験について説明しておきます。

日本語教師養成420時間講座とは
文部科学省 文化庁(以降、文化庁)によって定められた方針である「日本語教師養成のための標準的な教育内容」に沿った講座のことです。なぜ420時間というかは、日本語教師の能力を習得するために最低限度必要な時間が420時間だと言われているからです。この講座は、文化庁へ登録し受理されている学校であれば、どこでも受講が可能となっています。カリキュラムは学校によって異なっていますが、おおよそ「教育理論」「実技」「教育実習」の3つからなっています。
日本語教師養成420時間講座の受講期間は短くて3ヶ月、長いと2年に及ぶコースがあります。長いコースになれなるほど、働きながら通学できるようなコースになっていることが多いです。また通信講座を行なっていることころもあります。
この講座の費用の目安は、学校によって異なるものの教材込みで50万円〜60万円の所が多いです。

日本語教育能力試験とは
公益社団法人日本語教育学会が認定している日本語教育を行う専門家(日本語教師など)として基礎的なレベルに達しているかを検定する試験のことを言います。試験は1年に1回10月中旬から下旬(年によって異なる)に行われています。出願は6月から8月上旬くらいまでとなっています。合格発表は12月中旬です。受験料は約11,000円です。
現在、タイにいる人が受験をしようとすると、出願と試験の2回は日本へ帰らないといけません。それは出願は海外から行えないからです。
試験形式は、ほとんどがマークシート方式になっており、合格率は約20%となっています。(日本語教師養成講座を受講している時に受講生から聞いた話ですが、試験は難しくほとんどの人が2回、3回と受験しているようで1回で合格する人は少ないようです。)

*これら2つについて説明した理由は、大学で日本語を専攻していなかった人がタイや海外で日本語教師として就職・転職をする場合、どちらかの条件を課されることが多いからです。中には、どちらも必要になるところがあります。また日本語教師が集まりにくい地域などでは何も条件を課されないところもあるようです。

日本語教師養成420時間講座の受講生は様々な方がいました。私のようにセカンドキャリアを求める人だけでなく駐在の奥さん(既に旦那は赴任)と言う方や再就職の一つとして考えている若い方もおられました。大学生活以来の学生生活でしたが、最初は不安でいっぱいでドキドキしましたが、先述したように同じような境遇の方や若い方も多く非常に楽しかったです。また受講している人は同志なので仲良くなるのも早く、受講を修了して1年以上経ちましたが、タイに来てからの今でもラインやフェイスブックでの交流があります。

講座が終わった翌週に受けた日本語教育能力試験は凄く難しかったのですが、なんとか合格し年末には合格通知が届きました。

晴れて、校長先生から言われていた条件の日本語教師養成420時間講座だけでなく日本語教師の資格も取得することが出来ました。すぐに受講が修了したことや日本語教育能力試験に合格したことを紹介してくれたタイにいる知人やタイでお世話になる日本語学校の校長先生へ国際電話を入れました。

そして予定よりも早く2016年1月にはタイへ入り、2016年2月には今の学校で日本語教師として働き始めました。