12月10日はタイの憲法記念日

日本語教師として働き始めてから毎日が忙しくて気合い入れて学校に行くと祝日で休みだったってことがあります。
そう、今日も休みだったので、帰ってきたところです。

今日は、12月10日の憲法記念日の振替休日です。(現在のタイ憲法が広布されたのは1932年12月10日です)
祝日に関しては気にしているつもりなのですが、振替休日に関しては不意に訪れるボーナスのようなものであまり気にしていません。
そして今日も気にしていなかったです。
いつもの朝と雰囲気が違うと思いながら出勤したものの、学校の前に着くまで何が原因かを考えていませんでした。

ちなみに先週の12月5日はタイの父の日とも呼ばれているラーマ9世誕生日です。ラーマ9世というと「誰?」となってしまう人も、”プミポン国王”と言うと「前国王か」とわかる人も多いかと思います。

タイで働いているものの、日本人同士のコミュニュティで生活している人からすると、国王の生・死について何かを思うことは少ないと思います。

しかし私のような仕事、日本語教師という仕事はタイの学生や社会人の方と接することが多いため、タイの国王のことはもちろん、タイの政治や情勢についても話をすることがあるので他のタイに住む日本人の方よりも身近に感じられます。