地元の学校にタイからの新しい生徒たち

ウェザビー地区の2つの学校は授業に国際的な雰囲気を感じていました。

シックリングホールとゴールズボローは、刺激的な新しい交換プログラムの一環として、バンコクに本拠を置くプラサミット付属小学校からの10人の6年生を歓迎しました。

マットシリト校長は次のように述べています。「この2週間、プラサミット校の生徒とスタッフをシックリングホールとゴールズボローに迎え入れられたのは楽しいことでした。」

「私は家族から5000マイル以上離れた国で2週間過ごした10歳と11歳の子供たちの自信と自立心に驚いています。」

「子どもたちの学校生活への携わり方は、とても見事で輝いていました。半期を終えて子供たちが去ったときにとてもさみしくなるでしょう。」。

訪問した生徒は授業を楽しんだり、新しい食べ物を試したり、カントリーサイドライブやグリークデイなどのフェスティバルに参加しました。

ホストファミリーは紅茶を振舞い、イギリスの家庭生活や料理を正しくわかってもらおうとしています。フィッシュ&チップスは根強い人気があります。

生徒は、話す言葉だけがコミュニケーションの唯一の方法ではないこと、スポーツ、ICT、食べ物といった日々の活動に共通した部分があることを発見しました。シックリングホールとゴールズボローの生徒は、来年2月にバンコクに少人数で旅行するためにタイ語での書き方や文化を習っています。

シックリングホールの4年生のハンナDは次のように語っています。「私たちがどのように生活しているかを見て、あらゆるかつ活動に楽しんで参加してくれるので、訪問者を迎え入れることはとても楽しいです。」

「彼らは私たちのやるゲームの多くを知っていましたが、同じゲームを違ったやり方でやっていたので、彼らを家に招くのは楽しいことでした。私たちが紅茶とフィッシュ&チップスを用意したら、彼らは全部食べました。

ゴールズボローの5年生のウィルは言いました。「私の紅茶のパートナーはティーとパンで、とてもよかったのは、私はタイの文化について学び、彼らは英国の文化について学んだことです。彼らはとても素敵で、とても楽しかったです。」