タイの教育改革:シンガポールとベトナムの教訓2

シンガポールの成功は、高度に熟練した教育者を育成する国の能力故でもあります。将来的な教師は高校卒業生の上位3分の1から選抜されます。質の高い人々をリクルートし、優れた訓練と支援を提供することにより、教育者は多くの人がなりたがる、高評価を受ける職業に発展しました。したがって、適切な報奨は教育者を発展させ、維持する重要な側面であり、シンガポールの教育省は教師の初給与が民間企業と同等を保つことを保証しています。

76の省と1000万人以上の生徒がいるタイでは、シンガポールのすべての教育改革を迅速に模倣するように求められています。ちょうど50万人の学生と400校未満の州立学校しかないシンガポールでは事は比較的容易でしょう。教育についての共通のビジョンを持ったタイでは稀であるシンガポール政府の安定によって、さらに強固になっています。他の側面の実施にはより多くの時間が必要となるかもしれませんが、シンガポールのカリキュラムのペースと数学教育へのアプローチは、タイ当局によって優先的に取り組まれるべきです。

ベトナムは2012年に国際教育コミュニティを驚かせました。15歳の子供たちがPISAに参加し、科学では8位、数学では17位、読書では19位になり、OECDの平均を大幅に上回りました。米国、オーストラリア、英国よりも好成績で会った2015年のPISAの結果は、ベトナムの目覚ましい業績をさらに確かなものにしました。

PISAとは
Programme for International Student Assessmentのこと。経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査のこと。日本では国際学習到達度調査とも言われるが英語の原文は「国際生徒評価のためのプログラム」である。(参照元:ウィキペディア

ベトナムの社会的に恵まれない子供たちの結果は、特に刺激的であり、社会的に恵まれない地域の学習者に教育システムが力を与えることができることを示しています。PISAを調整しているアンドレアス・シュライヒャー氏は、「ベトナムの15歳未満の生徒の約17%が、PISA試験に参加しているすべての国や経済状況の生徒の中での上位25%の成績優秀な学生の中にいます。」と説明しました。

ベトナムの教育の成功は、ベトナムでの独立した評価によって確認されています。これによって、PISAのランクが単に試験を受けるスキルを反映したものではないことを確認されています。Young Livesプロジェクトの調査結果によると、ベトナムの生徒の能力は本当に顕著で、ベトナムの10歳の95%が4桁の数字の足し算をすることができ、85%が分数の引き算をすることができます。

シュライヒャー氏は、先進的な政府関係者、集中的なカリキュラム、教育政策の慎重な選択、教員への投資、政治的コミットメントなどをベトナムの成功として挙げています。そのカリキュラムは、シンガポールと同様にコアコンセプトとスキルの深い理解と熟練を得ることを目的としており、タイの現在のカリキュラムとは非常に異なっています。

シンガポールとベトナムのモデルを組み込みことで、緊急に必要とされている教育改革を真に始めることができます。NCPOがこれらの変更を開始しようとするならば、すぐに行動する必要があります。そうすることができないのであれば、民衆の希望に対してより敏感な民主的政府に道を譲らなければなりません。

タイの教育改革:シンガポールとベトナムの教訓1

地域的成功事例が方向性を示しているにもかかわらず、ゆっくりとした軍事政府の学習

2014年に国家平和秩序評議会が政権を握ったとき、タイの失敗した制度を改革することを約束しました。その中で教育が最優先事項でした。しかし18カ月以内に民主的な選挙が行われる予定ですが、実質的な教育改革の兆候は見られていません。近隣諸国に追いつくためには、国のリーダーシップによって決定的な努力が必要となります。

タイの教育制度が不十分であり、改革が緊急に必要とされていることは、政界の両側から認識され、さらには一般の人々によっても認識されています。2015年のNIDAの調査では、タイが最も必要な改革として教育制度を優先させるとの結論が出されました。さらに、タイの教育システムの失敗は毎年強調され、国家評価の平均スコアはほとんど50%を超すことがありません。タイが70カ国のうち55位に入ったOECD生徒の学習到達度調査(PISA)やタイが39カ国のうち26位にランクされた国際数学・理科教育調査(TIMSS)などの最近の国際的な報告書は、タイの教育の悲惨な現状を強調しています。

これらの国際ランキングは、教育者と政策立案者にとって比較するポイントを示すものであり、近隣諸国の成功を調査することで、タイの教育改革の方向性が明らかになります。アセアン経済共同体の中で、シンガポールとベトナムは、重要な改善を行い、現在英国と米国より優位に立っており、有用な教訓を提供しています。

シンガポールは過去10年間、教育評価のトップにあり、教育大国としての地位は、最新のTIMSSとPISAのランキングでトップを奪うことからも証明されています。シンガポール歴史的には、都市の学術水準が低く、教育制度がタイと多くの類似点を共有していましたが、すべてのレベルで高度に文書化され、統一したことが成功を導きました。シンガポールはこれまで、教師中心の「黒板と対話」による手法を使用していました。これはタイではまだ一般的です。しかし、1997年の金融危機以降、学習の量ではなく質に焦点を当てた新たな教育ビジョン「考える学校、学ぶ国家」を採用しました。

このビジョンは、一連の調整された取り組みが開始された包括的プログラムとなりました。国家の算数における堅実な基礎は、世界的な賞賛を得ている「数学のマスタリーメソッド」が成功したことによるものです。この方法の基礎は、実世界の状況を使って抽象的な概念を説明し、運動感覚を伴う活動によってコアスキルの開発することに十分な時間を費やすことです。そしてその各ステップで習熟することを求めます。彼らは各項目を習得するまで次のステップには進みません。

このアプローチは、生徒が基本をマスターする前に高度な概念を導入し、非常に厳しいカリキュラムを設定するタイのシステムと大きく異なります。タイ教育省の低い学問水準への答えは、カリキュラムをより困難にすることでしたが、実際には生徒に基礎を習得させ、強固な基盤を構築するために時間を費やすべきだったのです。

不当に非現実的なカリキュラムに直面した多くのタイの教師は、能力に関係なく失敗した生徒に合格を与えることがよくあります。タイの貧しい学問的地位は大部分この「失敗しない方針」のせいです。

さらに、シンガポールの生徒は小学校3年生になって科学の勉強を始めますが、タイは小学校1年生に適応、進化、種の分類などの複雑な科学的概念を導入します。シンガポールの生徒より早く始めていますが、そのリードはすぐに失われます。平均的な15歳のシンガポール人は、学問的にはタイの学生より3年進んでいます。