グローバルな人材育成の為に政府が衛生キャンパスを特別経済地区に急設

教育省によると、アイビーリーグの大学は、タイの特別経済地区(SEZ)に衛星キャンパスを建設することに関心を示しています。

月曜日、ティーラキアト・ジャレオンセッタシン教育相は、高等教育の外国機関が国境に沿った10か所のSEZで活動することを許可するとした政府の最近の発表に続いて、そう発言をしました。

現在の候補の中には、ハーバード大学、カーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学、英国の有力大学、日本のいくつかのトップ大学などが挙げられていると付け加えました。

ティーラキアト博士によると、タイの多くの大学には、ロボット工学や電気工学などの科学技術分野の十分な訓練を受けた卒業生を輩出するための資材と人材がまだ不足しています。

イノベーションとテクノロジーを支柱とする最新の経済モデルである「タイ4.0」へのアップグレードに不可欠な分野で、世界をリードする大学による教育支援のサポートを必要としているのです。

政府は、新憲章に盛り込まれた暫定憲章第44条の下で、広範な権限を利用して規則を軟化させ、海外からの高等教育機関のタイでの活動を許可するよう、プラユット・チャンオチャ主相に要請するでしょうと、ティーラキアト博士は語りました。

同氏によると、熟練労働者への需要が高い国境沿いの10の経済特区でのみ許可されるようです。

「タイで成功するスキルを労働力が備える必要があり、外国の大学がギャップを埋めることを助けることができます」と同氏は付け加えました。

タイの日系企業は長年にわたってロボット工学と電気工学の高度な技能を持つ労働者の不足に直面しています。そのため、進んだ日本の学校が設立されれば、日本人留学生との交流から日本の知識だけでなく、技術的に卓越した人材の育成、日本人やタイ人にかかわらずグローバル人材の育成するという新しい試みも可能になります。


タイなどのアジア専門の転職情報サイトはブリッジ
タイの日系企業で働く人材求人はキャリアリンクタイ

「数年来、多くの外国の大学は、タイが国際教育拠点としての役割を果たす可能性があると考え、タイに分校を開校したいと考えていました。しかし、高等教育委員会の現行の規制の下では、外国の大学はタイで共同経営者を必要になっており、外国の投資家はそれを負担とみていました。そのため我々はルールを緩和しているのです。」ティーラキアト博士は述べました。

「彼らは間違いなくこのチャンスをつかんでくれるでしょう。」