タイの教育改革:シンガポールとベトナムの教訓2

シンガポールの成功は、高度に熟練した教育者を育成する国の能力故でもあります。将来的な教師は高校卒業生の上位3分の1から選抜されます。質の高い人々をリクルートし、優れた訓練と支援を提供することにより、教育者は多くの人がなりたがる、高評価を受ける職業に発展しました。したがって、適切な報奨は教育者を発展させ、維持する重要な側面であり、シンガポールの教育省は教師の初給与が民間企業と同等を保つことを保証しています。

76の省と1000万人以上の生徒がいるタイでは、シンガポールのすべての教育改革を迅速に模倣するように求められています。ちょうど50万人の学生と400校未満の州立学校しかないシンガポールでは事は比較的容易でしょう。教育についての共通のビジョンを持ったタイでは稀であるシンガポール政府の安定によって、さらに強固になっています。他の側面の実施にはより多くの時間が必要となるかもしれませんが、シンガポールのカリキュラムのペースと数学教育へのアプローチは、タイ当局によって優先的に取り組まれるべきです。

ベトナムは2012年に国際教育コミュニティを驚かせました。15歳の子供たちがPISAに参加し、科学では8位、数学では17位、読書では19位になり、OECDの平均を大幅に上回りました。米国、オーストラリア、英国よりも好成績で会った2015年のPISAの結果は、ベトナムの目覚ましい業績をさらに確かなものにしました。

PISAとは
Programme for International Student Assessmentのこと。経済協力開発機構(OECD)による国際的な生徒の学習到達度調査のこと。日本では国際学習到達度調査とも言われるが英語の原文は「国際生徒評価のためのプログラム」である。(参照元:ウィキペディア

ベトナムの社会的に恵まれない子供たちの結果は、特に刺激的であり、社会的に恵まれない地域の学習者に教育システムが力を与えることができることを示しています。PISAを調整しているアンドレアス・シュライヒャー氏は、「ベトナムの15歳未満の生徒の約17%が、PISA試験に参加しているすべての国や経済状況の生徒の中での上位25%の成績優秀な学生の中にいます。」と説明しました。

ベトナムの教育の成功は、ベトナムでの独立した評価によって確認されています。これによって、PISAのランクが単に試験を受けるスキルを反映したものではないことを確認されています。Young Livesプロジェクトの調査結果によると、ベトナムの生徒の能力は本当に顕著で、ベトナムの10歳の95%が4桁の数字の足し算をすることができ、85%が分数の引き算をすることができます。

シュライヒャー氏は、先進的な政府関係者、集中的なカリキュラム、教育政策の慎重な選択、教員への投資、政治的コミットメントなどをベトナムの成功として挙げています。そのカリキュラムは、シンガポールと同様にコアコンセプトとスキルの深い理解と熟練を得ることを目的としており、タイの現在のカリキュラムとは非常に異なっています。

シンガポールとベトナムのモデルを組み込みことで、緊急に必要とされている教育改革を真に始めることができます。NCPOがこれらの変更を開始しようとするならば、すぐに行動する必要があります。そうすることができないのであれば、民衆の希望に対してより敏感な民主的政府に道を譲らなければなりません。