相変わらず難しい教育改革1

先週、タイ全土の学生が新年度に学校に戻り、新しい友達、新しい教師、新しい経験をする予定でしょう。

しかし、タイの学校生活のある一面は変わりがなく、教育、学習、評価には時代遅れで効果のないアプローチです。

タイの教育制度の失敗は、国際的な報告書で一貫して不十分であることが文書化されています。

昨年度のPISA報告書では、教育ランキングの最下位に位置するタイは、数学(415)、科学(421)、読解(409)と490点の中央値をはるかに下回っています。

最近の国際数学と科学研究(TIMSS)の最新動向では、タイは数学テストでは431ポイント、科学試験では456ポイントで500ポイントの中央値スコアにいくぶんか足りませんでした。

対照的に、韓国、台湾、香港、日本を含むアジアの近隣諸国は、TIMSS報告書で印象的だったが、PISAランキング上位10位はシンガポール、日本、台北、マカオ、ベトナム、香港の7つのアジア諸国と中国本土です。

タイの学校制度の欠点は、平均的な学生がほとんど50%を超えることはめったにない全国評価であるO-NETの結果の公表とともに、毎年強調されています。

2016/2017年度のO-NETの結果はこれまでどおり実に残念でした。平均的な生徒が5つの試験のうち4つに合格していない状態で、380,000人以上の高校3年生の生徒が試験に参加しました。数学(24%)と英語(27%)と平均スコアは驚くほど低くなっています。

中学3年生の結果は同じように失望するもので、5教科すべての平均スコアが50%を下回り、数学(29%)と英語(31%)は特に悪い結果です。

2014年に国家平和秩序維持評議会(NCPO)が発足したとき、彼らは汚職を根絶し、教育システムが最優先に社会制度を改革すると約束しました。翌年、国立開発局(NIDA)の調査では、最も緊急な改革が必要な機関として教育制度が選定されました。

タイの経済を前進するために発足された国家平和秩序維持評議会(NCPO)の解説(英語)

改革が約束されているにもかかわらず、10年以上にわたって教育制度は大きく改善されていません。バンコクのある数学教師が説明するように、「タイの学校はまだ2008年に発行されたカリキュラムを使用しており、このカリキュラムは2001年のカリキュラムを詳しくしただけのものです。

「政府は改革を約束したが、改善はなし」

タイの教育制度が古くなったという見方は、国際学校への需要の急増につながりました。