首相が教育省に英語教育に焦点を当て英語人材育成を通告

教育省(MOE)の常務理事が明かしたところによると、首相は、生徒たちが英語教育に焦点を当て英語人材育成にうまく対応できるよう教育カリキュラムの見直しをMOEに促しました。またそれと同時に、英語教育は格差を減らすために強化されなければなりません。

チャイヤプルック・セイラック常務長官は、プラユット・チャンオチャ首相が戦略運営委員会の議長を務め、MOEが国家戦略教育管理、憲法教育管理、私立学校支援を表明したことを明らかにしました。

首相は、最も重要な仕組みが教師であり、教師は自身の向上に日々努め、技術を追求しながら、生徒と共に学ぶことで教え方を調整していかなくてはならないと考えている、と長官は語りました。

また、首相は、教育省が学生の知識を向上させ、社会を改善し、国の可能性を高めることができるように、国のカリキュラムを見直すようMOEに要請しました。

首相は、さらに、「英語が重要であり、格差を減らすことができるので、英語教育を改善する必要がある」「英語教育を改善し英語を話せる労働力を育て世界へ通用する人材育成が必要」とも語りました。

首相は教師に焦点を当てた点において正しいです。英語を話すことができても、英語の先生になれません。教えは後天的なスキルです。現時点では、授業で英語のみを話すことに重点が置かれていますが、これは基本会話においては良いと言えます。

ただし、文法を教え始めると、ルールの例外を説明するときには、生徒たちにとって母国語での説明が必要になります。教師がこれを行うことができない場合は、タイ語を話すアシスタントが必要になります。

そうです。そうすると最初により多くの費用がかかるでしょうが、生徒の進歩が劇的にスピードアップするために、最後には費用の節約になりグローバル人材育成にもつながります。教育省が力のある英語教師と相談を始める時期に差し掛かっています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です