特別経済区における他国機関の大学設立を許可

タイは、スキル不足に取り組むために、外国機関が特別経済区に大学を設立することを許可する予定です。


(経済特区新設が予定されているメーソート県)

この計画は、内閣と国家平和秩序評議会(NCPO)のジョイントミーティングにおいて許可が降りている。

計画を実施するために、暫定憲法第44条の下でNCPO長官としてプラユット・チャンオチャ首相が権限を行使する必要があると、ササン・ケウカマネルド政府広報官は述べました。

ティーラキアト・ジャレオンセッタシン教育相によると、計画はいくつかの規則の免除を必要としているので、第44条が解決策です。

「高等教育委員会の通常の規則を遵守すれば、そのような大学が始動するには時間がかかりすぎるでしょう。長い間待っていれば、タイは新しい時代のために必要な人的資源を産みだすことができないかもしれません。」とティーラキアト氏は言います。

同氏は、タイでは、まだ大学でロボット工学と電車のプログラムが不足していると指摘しました。

「しかし、タイランド4.0を達成することに目を向けています。」と述べた。

ササン氏によると、外国の教育機関は、タイでは利用できないコースを、主に特別経済地域のタイの学生に提供することが許可されます。また、タイの規制を遵守し、すべての大学レベルのコースの基準を満たす必要があります。

内閣はまた、外国機関がタイで職業訓練プログラムを提供することを望んでいました。しかし、タイの専門学校との競争を防ぐためには、より厳しい要件が満たされなければなりません。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です