新しい教育改革

「外国の大学は、品質保証を示す必要があります。」

ティーラキアト氏によると、これまでも外国の大学はタイに来て、タイの大学との共同経営を行うことができましたが、タイの大学制度に従わなくてはならず、「あらゆる面で極端に厳重な官僚制度」の対象となっていました。例えば、「独自の学位を授与することはできません。彼らはただのパートナーなのですから。」と語りました。

「この新しい法令の下でのアイデアは、彼ら独自の学位を授与することができ、彼ら自身の指導法を行い、自分たちの保有する教授を招くことができるということです。また、非常に優遇された税制上の上限があります。したがって、例えば、タイの高所得者には37%の税率が課されますが、17%の税率で課税されます。」と語りました。ティーラキアト氏は、日本の42の大学が既にバンコクに代理人を派遣していると述べました。「彼らはすでに変化を待っているのです」と彼は言ました。

さらに、米国のカーネギーメロン大学がバンコクの大学と共同でデジタル技術の学位を設定することに興味を持っていることを付け加えました。「彼らは独自の学位を授与したいのです。」

競争上の懸念

誰もが新しい政策を歓迎しているわけではありません。バンコク国立発展行政大学院の応用統計学研究科のリスク管理学講師アーノルド・サクウラウィッチ氏は、人口の減少により高等教育市場が縮小すると、タイの国境にある海外の分校がタイの大学を脅かす可能性があると指摘しました。

昨年の入学時には、入学試験を受けるために大学には15万人までの空きがありましたが、8万人しか入学しなかったとバンコク・ポスト紙は語っています。

しかし、ティーラキアト氏は、「コースは異なるターゲットグループのために行われるため、タイの大学から生徒を獲ってしまうことを心配するべきではありません。」と述べました。

“また、これは市場主導型です。彼らが生徒を獲得することができなければ、彼らは失敗するでしょう。彼らはそれで終わりなのです。」とティーラキアト氏はユニバーシティ・ワールド・ニュースに語りました。「もし彼らが来れば、すべてのルールから免除されますが、彼らは地方の大学との競争に勝たなくてはなりません。彼ら次第なのです。」

モンクット王工科大学ラートクラバン校学長であり、タイ学長委員会議長を務めるスシャシャウィー・スワンサワット教授は、この変更が国の教育と研究環境を改善すると同時に、タイの大学が外国の大学から学ぶことを可能にすると述べました。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です