E-ライブラリーはタイの教育を改善する素晴らしい方法

実現可能性が高く、おそらく潜水艦よりも安価

教育の質に関して言えば、教師に焦点が当てられているのに対し、良い学習教材へのアクセスは、過小評価されています。しかし、この教育の一面を改善しない手はありません。結局のところ、多くのものがすぐ近くにある世界に私たちは住んでいます。安価なコンピュータのタブレットやeリーダーを所有している場合、タイの最も遠い地域の子供たちが図書館全体を利用できるようにすることはもはや夢ではありません。

過去の政府は、学生用タブレットプログラムを開始しようとしましたが、収賄疑惑を含むあらゆる種類の問題に悩まされていました。アイデアは良かったのですが、実装は厄介で疑わしいものでした。このような計画は、政治とビジネスと最も関係のない方法で再考され、拡大され、実行されるべきです。

「E-ライブラリー」は未来の標準ですが、タイが待たなければならないというわけではありません。教育の質を向上させるために常に苦労している国にとって、そのコンセプトは解決の一部であるべきです。そして、今はその時です。

それは、軍事用潜水艦を買うよりも価値のあるプロジェクトです。実現可能で、かなり早い時期に始めることもできます。E-リーダーはとても安価になっているので、投資費用の面では問題ないはずです。政府は信頼できる製造業者と合理的な契約を結び、実際にどれだけ多くの人が無料で提供される必要があるかを調べるだけです。

コンテンツとWi-Fiのアクセシビリティは少し難しい話かもしれません。前者は法的な問題を伴うもので、後者のものはおそらく民間企業のバランスシートに関するものです。しかし、教育改革の真の政治的意志を持つ政府は、遠隔地の学校での著作権やインターネット信号に関連する潜在的な障害を克服できなければなりません。

「E-ライブラリー」はすでにビジネスコンセプトとして取り上げられています。Amazonの一部の顧客には、「借りる」ことができる「無料」コンテンツへのさまざまな種類のアクセスが提供されています。「プロモーション」の詳細は、裕福な人だけが手に入るもののようにも思えますが、実際のところアマゾンの計画の多くの部分が、貧しいタイの学生に適応できます。

E-リーダーは教科書も保存することができます。この事実だけで、学校への大変な登校を日常的に行わなければならない遠隔地の子供たちに大きな利益をもたらすことができます。最近、E-リーダーの価格を見ると、300億バーツの国家支出によって、約100万人の子供たちに学校をもっと楽しませることができます。

一部の人々は、タイの人々は読書好きではなく子供たちも同様だと主張しています。この仮定はおそらく、図書館が各家庭の隣にある場合に起こることを考慮に入れていないでしょう。E-リーダーとE-ライブラリーは、隣に図書館全体を置くことはできません。家の「中」に置くのです。

子供たちはゲームをするために使ってしまう、と同じように懸念されるかもしれません。安価なE-リーダーは、そのような活動をボードゲームだけに制限することができます。

「くだらない」内容の書籍を子供たちが読んでしまうという不安を述べる人もいるでしょう、しかし、子供たちが教科書を読むだけで賢くなるという間違った想定によるものです。

結局のところ、利益は簡単に潜在的な欠点を上回るでしょう。コストだけでも魅力的であり、最大の利益を最大規模で実現できる投資はほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です