タイの不平等な教育と課題2

生徒が20人未満の小さな地方学校:15,224校

不平等の問題は小規模の小学校や中学校にとってより緊急の問題です。

農村部の各小規模学校は各学年で20人未満の生徒しかいません。

このカテゴリには15,224の学校があります。

小規模学校の数は1993年から20%以上減少していますが、相変わらず学校の大半を占めています。

小規模の学校には十分な州の資金だけでなく、教育の質や生徒の成績を向上させるために必要な教師も不足しています。

多くの場合、1人の教師が複数の科目を教える必要があります。

大規模な学校から大きく遅れをとっている小規模の学校

小規模な学校の生徒は、より大きな学校の生徒よりも低い得点を取っています。

2012年の国際PISAスコアでは、小都市の小規模学校の生徒よりも大都市の学校の生徒のスコアの改善が大きかったことが明らかになりました。

大都市の学校は、最後のテストから21.3%の割合で改善しました。

小都市の学校は16.1%のしか改善しませんでした。

お金があるならば、子供をインターナショナルスクールに通わせるべき

バンコクにあるインターナショナルスクールであるシュルーズベリーインターナショナルスクールのステファン・ホーロイド校長による観察は、さらに興味深いものです。

国がタイの教育実績の悲惨さを嘆く一方で、タイの国際的なエリート学校の成長分野は「独立していて」問題からは隔離されています、とホーロイド氏は述べました。

毎年、これらのエリート校は英国と米国の高額なオックスブリッジ大学やアイビーリーグ大学に最も優秀で裕福な学生を送り続けています。

これらの国際的な教育を受けた生徒がタイに帰国すると、彼らが受けた質の高い教育のためだけでなく、タイの他の優秀な大学生のネットワークによっても、最高の仕事を得ることができます。

大学にとって大きな質的ギャップ

教育不平等の問題は基礎教育の先でも同様です。

高等教育にも引き継がれています。

メディアタイのトップ大学の国際ランキングが低いことを報告していますが、国内のさまざまな教育機関間の格差に深刻な問題があります。

173以上の高等教育機関のうち、少数の機関だけがタイのトップクラスの生徒の想像力と熱望を捉えています。

これは、異なる機関間での生徒の質に大きなギャップを作っています。

一方、州の高等教育政策は、トップクラスの大学をより競争力のあるものにすることに重点を置いてきました。

高いレベルの大学の競争力は重要ですが、ラジャバット大学を含む下位の大学にも注意を向け、資源を与えるべきです。

最高レベルの大学が、ほとんどの予算を獲得、増大する不平等

限られた大学に対する州の予算配分は、ラジャバット大学に与えられる予算の10倍です。

さまざまなタイプの大学ごとに投入される様々なレベルの資金は、最終的に生徒の業績に不平等をもたらします。

「教育改革」というアイデアは決まり文句

チュラロンコン大学国際安全保障研究所のティティナン・ポンスシラク理事長は、教育改革は決まり文句になったと指摘していますが、これも不可欠なことです。

すべての国で教育が課題ですが、タイでは教育がとても重要になってきています。

タイの労働力を若い時代からより良く教育するための改革が行われなければ、タイは長期的な衰退と景気停滞の時期に入る可能性が高いでしょう、と彼は述べました。

タイがタイランド4.0を達成することを約束するには、基本を正しいものにする必要があります。それは、教育制度にまたがる不平等に対して、ますます深刻な注意を払う必要があるということです。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です