タイの不平等な教育と課題1

政治家、政策立案者、国民は、最近、政府の経済モデルであるタイランド4.0に注目してきました。

タイランド4.0は、デジタル経済のために国家として準備することを目指しています。

しかし、この高い目標の達成を妨げるさまざまな課題が残っています。

課題の中には、タイの教育の全体的な質があります。世界の平均を下回っているだけでなく、教育制度の不平等がますます高まっています。

いくつかの学校の最も有能な生徒に当てられてきた焦点

私たちの教育システムは、生徒が熟練した競争力のある労働者になるためになにができるのでしょうか?

どのようにすれば、いくつかの学校の 「最も有能な生徒」を奨励することに焦点を当てるのではなく、すべての生徒がこれを達成することができるのでしょうか?

教育に多額の投資をしているので、資源は存在

タイは教育の卓越性を全面的に達成するために必要な資源を持っていないわけではありません。

タイは実際多額のお金を教育にかけてきまいた。

例えば、政府は2015年に年間予算2.58兆バーツの19.35%を教育予算に費やしました。

多額の投資にも関わらず低いテストスコア (学生全体)

残念なことに、多額の投資は学習の改善には変換されていません。

タイの学生の国際的ないくつものテストでの主要科目のスコアは世界平均を依然として下回っています。

これらのテストスコアは、数学、科学、英語での成績に関して、タイの学生が近隣諸国から依然として遅れていることを示しています。

低い国際ランク

タイの教育制度は、ピアソン教育が発行した「学習曲線、国の授業、教育における成績」と題された2014年報告書で、40カ国のうち35位にランクされています。

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)での2016年の成績では、総合成績でタイは72カ国中55位にランクされています。

数学と科学では、54位、読解では57位です。

投資したお金の使い道

教育省予算局の政策分析官であるパムサラン・トンリアムナーク氏は、「私たちには欠けているのは金額ではなく、お金が効率的かつ効果的に費やされていないことです。これが問題です。」と、最近のセミナーで語りました。

テスト結果にはタイの教育制度の欠点が反映されていますが、この惨事の最も懸念される側面は、教育制度のあらゆるレベルで根強く残っている重大な格差です。

タイは教育のパラドックスに捕まっています。国は世界の舞台で戦うために最も優秀な生徒を追い求めることに焦点を当てるべきでしょうか。それとも、遅れている生徒を気にするべきでしょうか。両方を達成することがタイにできるでしょうか。

デジタル経済と第4次産業革命について議論する前に、土台を真っ直ぐにしましょう。見て見ぬふりをされている問題は、教育システムの不平等です。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です